梵字とは

梵字とは

梵字(ぼんじ)はインドで使用されるブラフミー文字の漢訳名です。ブラフミーは「ブラフマン(梵)の創造した文字」を意味します。
また、単に「梵語(サンスクリット)を表記するための文字」とも言われます。
一見規則性の無い文字に見えますが、子音字と母音字があり、子音字に母音がつく場合子音字に点画を書き足す形になります。子音字のみだと子音+[a]の音を表します。
一字一字が諸仏諸尊をあらわしており、ひとつの梵字が複数の仏の種子を表すことがほとんどです。一つの仏でも金剛界、胎蔵界で違う文字を使う場合もあるのです。
インドでは紀元前後にセム系文字に由来するブラフミー文字とカローシュティー文字の2系統があります。このうちの前者がグプタ系文字から発達したシッダマートリカー(梵字)となり、さらに7世紀頃ナーガリー文字に発達し、10世紀にはデーヴァナーガリー文字として固定しました。
6世紀ごろにインドで流行し、数多くの梵字で書かれた文献が残っています。ただこの頃のインドにまだ紙はなく、ほとんど貝葉に書かれてあり、現在サンスクリットの筆記・印刷に主に用いられるのはデーヴァナーガリーです。
日本で梵字と言った場合は、仏教寺院で伝統的に使用されてきた「悉曇文字」(しったんもじ)を指すことが多いです。
これは上述のシッダマートリカーを元とし、6世紀頃に中央アジアで成立したと見られます。
日本には仏教伝来と共に漢訳された経典と共に伝来しましたが、難解なために、文字自体を仏法の神聖な文字として崇めました。
天平期には遣唐使や、鑑真らの唐僧が悉曇梵語に堪能で、徐々に広まっていきました。大安寺で唐僧仏哲と天竺僧菩提仙那が悉曇梵語の講義を行うと、日本人僧にも悉曇梵語の読み書きが浸透していくようになりました。
平安時代に入ると、最澄、空海らが悉曇梵語の経典を大量に唐から持ち帰るようになりました。彼らにより、真言として梵字は一般の人々の間にも広まるようになったのです。このようなことから、「梵字は、それ自体に霊力がある」と、信じられています。

干支と梵字の関係

人は生まれた年の干支にしたがって、守護してくれる仏様が定まっており、その仏様が各人の守り本尊になります。
梵字にも各干支によって神様や文字が存在し、十二支は方位に基づいて定められており、時を正確に捉えることができ、守り本尊もそれに準じます。

子(ねずみ)年生まれ

千の手と、千の慈眼をもち、千の目で人々を見守り、危機に際してはその千の手を差し伸べ、一切の衆生を救う大慈大悲の菩薩。

丑(うし)/寅(とら)年生まれ

すべての願いを叶え、福徳を司ると共に、知恵を授ける。 特に記憶カ向上、厄除け、症病回復に御利益のある仏様。

卯(うさぎ)年生まれ

悟りの知性的側面を象徴し、知恵第一の菩薩仏として学業の功徳が顕著。 知恵の苦労や災難を五智の剣で断ち、幸福を招いてくれます。

辰(たつ)/巳(へび)年生まれ

人々の前に文珠菩薩と共に釈迦如来の士として六牙の白象に乗って現れ守護すると、法華経に説かれています。 増益、長寿を授ける。

午(うま)年生まれ

阿弥陀の脇士として慈悲と知カを象徴し智慧の光で一切を照らし、邪気を払し、進路を開き、福徳長寿を授ける。

未(ひつじ)/申(さる)年生まれ

宇宙の真理そのものをあらわすとされる密教絶対中心の仏。 あらゆる災厄苦難を除き、将来への道が明るく開けるよう、福徳と長寿を授ける。

酉(とり)年生まれ

人々を救う為あえて厳しい姿をとり、一切の障難や穢れを焼きつくす明王。 すべての災難を除き、光明の道へと導いて福徳を授けてくれる。

戌(いぬ)/亥(いのしし)年生まれ

西方極楽浄土を主宰。人々を救済する仏。 大慈悲に浴して一切の苦難厄難を逃れる。また福徳長寿が授かります。